VOICE

お客様の声

能田 充子 様

Q この場所にマンションを建てられた経緯を教えて下さい。

祖父がこの土地を購入し、そこに父が賃貸アパートを建てたのが始まりですね。1階を父が営んでいた建築業の事務所として使用し、2階を賃貸していました。その後、建物も古くなってきたので、新しく建て替えすることになり、現在のコーポ皐月となりました。

「コーポ皐月」というマンション名は、私の父が付けました。皐月はマンションの入り口にも植樹しているのですが、枯れることなく、常に青々としていて《万年青い》ということで、その活力ある様子が気に入っていたようです。5月には、つつじのようなピンクの花を咲かせて、ご入居者や道行く人たちを楽しませてくれます。

Q 建築時のこだわりとお部屋の特徴について教えて下さい。

今でこそ、お風呂とトイレ別が一般的ですが、このマンションを建てた当時は、お風呂とトイレが一緒の、いわゆる3点ユニットが多かったんですね。しかし、父が「それはいけない。お風呂とトイレは別にしよう。」と言ったことで、現在のように別になっています。また、居室とキッチンの間に仕切り戸を付けているので、開けたままにするとお部屋を広く使えますし、閉めると冷暖房の効きが良くなるなど、便利に使っていただけると思います。ベランダ側に建物が隣接していないので、夏場などは、窓を開けると風が抜けて気持ちいいですよ。

Q 導入されている設備について教えて下さい。

今時の学生さんはインターネット環境が必須ですので、CATVのインターネットとBフレッツ光どちらにも対応できるようにしています。エアコンは1台設置しています。

Q マンションの外壁に時計が付いているのはなぜですか?

コーポ皐月を建築した際に、業者さんから時計をプレゼントしていただいたのが始まりです。当時プレゼントしていただいた時計は壊れてしまったのですが、ここに何もないのも寂しいので、私が新しく買って設置したのが今の時計です。2代目ですね。皆さん、特に朝などはこの時計を見ていく方が多いんですよ。

Q マンションのお勧めポイントを教えて下さい。

女性専用マンションというところですね。父が決めたのですが、私達が3姉妹だったのも影響あるのかな? 女性専用ですので、女子学生さん、特に親御さんがすごく安心されますね。私どもの事務所が1階にありますので、何かあった時には声をかけてもらえれば対応することもできます。遠方にいる親御さんにとっては、そのようなところも安心していただけるのではないでしょうか。休みの日など、尋ねてこられる親御さんのために、私どもの駐車場が空いていれば一時的にお貸ししています。ご案内しますので、マンションにお越しの際は、1階の事務所に声を掛けてみて下さいね。

Q 周辺環境について教えて下さい。

愛媛大学・松山大学に近く、周辺にはコンビニやスーパー、飲食店などたくさんのお店があるので便利です。大学にも近すぎず遠すぎずと、いい距離感だと思いますね。電停も近く、10分毎にここでちょうど上下線の電車が同時に停車しますので、電車を利用するにも便利です。また、便利な場所でありながら、大通りからは少し入ってますので、住環境としてはとても静かですね。スーパーは近くにあるし、電車も近いし・・・皆さんここを退去する時に「本当に住みやすかったです」と言われる方が多いですね。

Q 当社に管理を任せていただいた理由を教えて下さい。

エイジェントさんとは、実は古いお付き合いなんですよ。今までにも、仲介の多くは日本エイジェントさんにしていただいてました。しかし、管理業務については、「私ができるうちは・・・。」と思ってやっていました。そんな私も、年を経て、「管理をお任せした方が楽かなあ・・・」と考えはじめていたところに、斎藤さんが管理のお話を持ってきてくださったので、お任せすることにしたんです。

Q オーナー様のご趣味について教えてください。

趣味は、韓流ですね。韓流ドラマを見ていると、20代のピュアな気持ちに戻ることができるんです。後は、気心知れた友人と一緒にドライブや買物、ランチに行ったりする・・・そんな時間をとても大切にしています。友達って本当に有り難い存在ですよ。また、趣味という訳ではないですが、飼って1年半になる愛犬のダックスフント「ビス」も大切にしています。私がお菓子の「ビスコ」が好きなことから、女の子なら「ビスコ」、男の子なら「ビス」にしようと決めていてたんです。ほんとカワイイですよ。

Q これからご入居される方に一言。

部屋にも収納はありますが、屋上に倉庫を置いていて、入居者に無料でお貸しています。数が限られているので先着順ですが、まだ2つほど空いていますので必要な方は申し出て下さい。場所柄、入居者には学生さんが多いのですが、とてもいい環境ですので、この部屋で学生生活を楽しんで下さい。