VOICE

お客様の声

レンガ調の壁紙でキッチンにあたたかみを
清水さん夫妻
会社員

今回は、入籍を機に二人暮らしをはじめたご夫婦の家を訪問。新生活を送るにあたって2人はどのようにお部屋を見つけ、作り上げていったのでしょうか?

キッチンにある窓の壁をリクエストマンション。レンガ調の壁紙がよくマッチしている。

最近入籍をし、新居で生活をはじめた清水さん夫妻。最初はどのようにお部屋さがしをしていいのかもよくわからなかったのだとか。

日本エイジェント:どのようにお部屋さがしをされましたか?

清水さん:入籍することになって2人で暮らそうということになり部屋さがしをしようとしたのですが、最初はどうやって部屋さがしをすればいいのかわからなかったんです。ひとまず情報誌やネットでいろんな物件を探して、不動産会社を訪ねて実際に多くの部屋を見て、2人でいろんな希望をひとつひとつ出してクリアしていった感じですね。

日本エイジェント:この部屋を選んだ決め手は?

清水さん:リビングの広さとキッチンのレイアウトですね。2人で生活する上である程度の広さは欲しかったですし、お互いの家族や友人を呼ぶ機会も増えるだろうということで、リビングの広さは決め手になりました。あと頻繁に料理もすることになるので、使い勝手のよさそうなキッチンが欲しかったのもありますね。

日本エイジェント:リクエストマンションはキッチンの壁にしているんですね。

清水さん:キッチンにできるのなら、温かみのあるものにしたいという彼女の希望で、レンガ調のものにしました。これに合わせて食器棚や冷蔵庫も購入して、統一感のあるキッチンになったと思います。彼女も料理をするのが楽しいみたいです。

キッチンの壁を変えることで、温かみのある空間に返信。料理や作業をするのも楽しくなったとか。

日本エイジェント:実際にこの部屋での暮らしはどうですか?

清水さん:お互い仕事に努めているので朝はバタバタしたりとゆっくりできませんが、帰ってくるとなんだかホッとしますね。家具などもまだ揃えきれていないのですが、これからお互いの好みのものを増やしていって、自分たちらしい空間を作っていければと思います。

リビングのソファでくつろぐひとときが、2人の至福の時間。

奥さんが好きなぬいぐるみなどもかわいく飾られていました。

若いご夫婦らしい、さわやかなお部屋づくりをしていた清水夫妻。

キッチンに施されたレンガ調のリクエストの壁紙はよくマッチしていて、まるで最初からこの壁紙だったんじゃないかと思うほどでした。

これからもそのセンスで、お二人らしい住まいを作っていって欲しいですね。

清水さんご夫妻、ありがとうございました!