VOICE

お客様の声

華やかな壁紙が本人にもマッチ
垣花 麻菜さん
学生

今回は、本人のキャラにもよく合った花柄の壁紙の部屋に住む沖縄出身の学生さんにインタビュー。元気な彼女を表現するかのような明るい表情の壁紙が印象的です。

大きな花柄のクロスが目を引く。

進学のために沖縄から愛媛に引っ越してきた彼女。そんな彼女が選んだ壁紙は、故郷・沖縄を思わせる華やかな花柄の模様の壁紙でした。

日本エイジェント:この部屋を選んだ決め手はなんですか?

垣花さん:まったく土地勘がない場所なので、どこに住めばよいのかわからなかったのですが、学校の近くであること、スーパーやコンビニなど生活しやすい環境ということを担当の方に伝えて探してもらったんです。そのうちのひとつにこの部屋があって、ほぼ条件を満たしていたこと、それから近所に幼稚園があって子どもの声が聞こえるということも決め手になりました。

日本エイジェント:垣花さんの明るい雰囲気とこの壁紙が合っていますね。

今野さん:壁紙が選べると聞いてはじめはびっくりしたのですが、たくさんあるサンプルを見せてもらったらすごく楽しくなってきましたね(笑)。いっぱい候補があって悩んだんですけど、ひとり暮らしでも前向きに暮らせるようにと、一緒に部屋さがしに来てくれていた母がからのアドバイスもあってこの壁紙にしました。

日本エイジェント:この壁紙にして、暮らしぶりで気づいたことはありますか?

今野さん:私は沖縄の出身なので、こういう明るい華やかなものがそばにあると、地元にいるような気分になれて安心できます。派手には見えますが、実は色も2色しか使ってないし、かわいい中にも大人っぽさがあることもあって気に入っていますね。

慣れないひとり暮らしで戸惑うこともあるが、この壁紙を見ると元気になれると話す垣花さん。

日本エイジェント:もう愛媛での生活には慣れましたか?

今野さん:学校とアルバイトの日々で、いろんな方との出会いもありだいぶ慣れてきました。学校もバイト先も実は徒歩5分くらいの圏内で、買い物なども近所で済ませられるくらいの場所なのですが(笑)、でもここから少しずつ活動範囲を広げていければと思います。

学校の授業でも必要なため鍵盤の練習もしているという。

学校では保育過程を学んでいるという垣花さん。この場所に住んでみてよかったと思うのが、近所に幼稚園があり子どもたちの元気な声が聞こえるところ。もともとこども好きということもあり、元気をもらっているという。

帽子などのアイテムも壁に飾ってインテリアに。

壁紙の前に立つとまるでお花畑の中にいるような印象に。

元気で太陽のような印象の垣花さん。

そういう彼女だから、こういう壁紙を選ぶのもある意味納得がいくのですが、その中でも単に派手なだけじゃない、大人っぽさがある壁紙なのは、彼女の中に垣間見える大人っぽい振る舞いにも関係があるのかもしれません。

沖縄から出てきてひとり暮らしをはじめた彼女。まだまだ慣れないことも多いかと思いますが、いろんな楽しみを見つけて愛媛での生活を満喫して欲しいと願っています。

垣花さん、ありがとうございました!